AllHomepage

“Tiny Souls” Japan Movie Premiere Screening

By December 3, 2020No Comments

November 28th, 2020

The Japan movie premiere screening of “Tiny Souls” by Jordanian director Dina Naser took place on Saturday November 28th at JICA Global Plaza in Tokyo. The opening was attended by a wide range of audience from different walks of life.

Opening remarks at the movie were delivered by officials from UNHCR, JICA, and the Embassy of Jordan in Japan.

“Tiny Souls” movie (with Japanese subtitles) features the real story of a Syrian refugee family in Zaatari Camp, the largest Syrian refugee camp in the world, located north of Jordan and few kilometers away from the Syrian border.

The movie tells the story of three Syrian children and their mother who fled from Syria to Jordan seeking shelter and safe haven. The story chronicles the daily lives of Marwa and her younger sister Ayah and brother Mahmoud in Zaatari Camp. At some point the children take part in filming the movie with a camera Naser gave them to film themselves. The result is an emotional account of a family in pain charged with resilient and nostalgic feelings manifested in a deep yearning for normal life back in their country and home.

The movie screening is part of “Lest We Forget” photo exhibition featuring two-time Pulitzer Prize winner photojournalist Muhammed Muheisen.

Over the coming months, the movie is scheduled to tour different parts of Japan. Additional screenings are planned at Yamanashi prefectural Library in Kofu city on Tuesday December 15th; and at Noshiro Bunka Kaikan (Noshiro cultural hall) in Akita Prefecture on Sunday December 20th.

1128日(土)、東京“JICA地球ひろば”にて、ヨルダンのディナ・ナセル監督による『タイニー・ソウルズ』のジャパンプレミア上映会が開催されました。オープニングには、幅広い層の観客にご来場いただきました。

映画のオープニングでは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、JICA、駐日ヨルダン大使館の関係者が挨拶を行いました。

映画「タイニー・ソウルズ」(日本語字幕)は、ヨルダンの北、シリア国境から数キロ離れた世界最大のシリア難民キャンプ、ザータリ・キャンプに住むシリア難民の家族の実話を描いたものです。

映画は、避難所と安全な場所を求めてシリアからヨルダンに逃げてきた3人のシリア人の子供とその母親の物語です。物語は、マルワと妹のアヤ、弟のマフムードのザータリ・キャンプでの日常を描いています。ある時、子供たちはナセルから渡されたカメラで自分たちを撮影して映画に参加しました。その結果、困窮の中にある家族が、国や故郷に戻って普通の生活を取り戻したいという深い願いの中で快活として、また懐かしさに満ちた感動的な物語が生まれました。

この映画の上映は、2度のピューリッツァー賞を受賞したフォトジャーナリスト、ムハマド・ムヘイセン氏による写真展「私たちは忘れない」の一環として行われます。

今後数ヶ月間、日本各地での上映が予定されています。1215日(火)には甲府市の山梨県立図書館、1220日(日)には秋田県能代文化会館での上映が予定されています。